2019.07.03アイデアソン開催

富士通株式会社様とエムテックシステムズ株式会社におけるアイデアソンを開催しました。

開催場所:蒲田ソリューションスクエア PLY(プライ)
〒144-8588 東京都大田区新蒲田1-17-25

開催目的

社内のメンバーに考えることの重要性を説き、
且つ考える手法を伝達することを目的として開催。
今回のアイデアソンのゴールは、考える「きっかけ」をつくるでした。

まず手始めにしゃべるカード(写真左)で緊張をほぐしました♫

カードに記載されたお題に沿って二人一組でおしゃべりします。
案外難しい・・・・(´-ω-`)

お題に沿ってみんなで意見を出し合って模造紙に付箋をペタペタ~

考えたこともない内容でみんな真剣です(; ・`д・´)
最後に各チームの発表をしました!!いろんな考えがあって興味深いですねぇ~

デジテクカードというものを使用しました!

出されたお題に沿って個人で考え付箋に書き出し中!(スマホ使用OK)
システムエンジニアとしての能力発揮!?専門分野のお題になると文字数もUP↑↑

みんなで出し合った意見の付箋紙たち!!(左写真)

富士通様オフィス内にあった高知のトマト帽子( *´艸`)
課長のおちゃめな姿も見られました!(右写真)

今回のアイデアソン開催後、学んだことを社員に聞いてみました(^^♪

M・Kさん

「個人で考える」ことの重要性を知った。
今まで、ある課題に対して検討を行う場合、
とりあえず有識者を集めて議論することが多かったが、
アイデアソンの中で柴田講師がおっしゃっていた通り、
声の大きい人の意見で話が進んでしまう点がある。
今後は、「個人で考える」といった時間を設けたいと思いました。

Y・Mさん

チームワーク(仲間)の大切さを学んだ。
アイデアソンは、一つの課題に対して皆で考えるので、
お互いを尊重し合いチームの団結力や絆が一層深まったのを感じました。
そして、仲間がいるからこそより良いものを作る事が出来、
結果会社の発展にも繋がっていく、と重要さを学びました。
今後も現場でのチームワークを大切に日々の業務に携わっていきます。

次回開催は、秋予定!!

講師は、富士通株式会社 柴田 浩太郎 様
概略: 官公庁システムの構築・運用保守を担当

5年間、社内のコミュニティ推進
研修講師を担当

プロジェクトマネジメント学会
メンタルヘルス研究会 副主査

柴田様から社員へのコメント

参加者同志の上下関係を感じることはなく、終始フレンドリーに研修を進められていたと思います。
短時間で大量のアイデアを創出できたことは、柔軟な考え方とそれを容認する雰囲気のたまものだと思います。
また、参加者の新技術に対する興味・意識は非常に高いものでした。
事業化実現に向けた土台は揃っていると感じます。
講師 柴田より

当社では人と人とのつながり・お客様とのコミュニケーションをとても大切にしています。
一緒に設計や構築技術を磨き、人々の快適な暮らしを支えませんか?
興味のある方はお問合せからご連絡ください。